Home > アーカイブ > 2008-08-03

2008-08-03

魔法


手術した患部は、どんどん腫れてきて、相変わらず元気もなく、
さすがに心配になったので、昨日夕方、電話して病院にもう一度行ってきました。

結果は、問題なし。
腫れてくる子と来ない子がいるそうで、ウチは前者、
もうちょっと腫れるかも知れないと言われました。
ご飯もちゃんと食べているし、問題なしとのことでしたが
元気がないことも心配だったので、
痛がっているのではと質問してみました。

「たぶん最初に沢山手を貸したので、こうやってじっとしていると、何でもして貰えると甘えているんですね」
「実は女の子と違ってそれ程痛くないんですよ」

そして
「wwdoちゃん、元気ないでちゅか?違いますね〜。ほらほら」
なんて言いながらwwdoの顔をむにゅむにゅしたら、
今までぐったりと元気がなかったwwdoが、突然元気に!
「ほら 大丈夫ですよ。ちゃんと元気です。
きっと元気のない時に、何でもやって貰ったので甘えているんですね。
頭の良い犬種ですから、こうやっていれば、何でもやって貰えると思っているんです。
今甘やかすとずっと何でもやって貰わないと済まない子になりますよ。
気をつけて下さいね。」

wwdoは、診察台の上で大好きな先生と大はしゃぎ。
まるで魔法を見るようでした。
帰りは行きと違って、ガンガンいつものように歩き始めるし、
なんだか狐につままれたみたい。
とりあえず不安も解消されてホッとした飼い主。

今朝は、まあそこそこ元気です。
ご飯もいつものように、お座りと待てをさせてみたら
なんだ 出来るんじゃないの。
しかもちゃんと食べるし。
でもね、腫れは相変わらず引かないし、
やっぱりエリザベスカラーをつけると、とたんに借りてきた猫というか
銅像のように動かなくなります。
いたずらも全然やらないし、調子狂っちゃいます。



やっぱり 手術しているわけですから、本調子になるまでは、
今一歩という感じですね。


それにしても あの先生。
獣医なんだから当たり前と言えば当たり前ですが、
本当に犬好きなんだな〜って思います。
犬も分かるのか、ちゃんと先生に応える感じは、ちょっとした感動でした。

Home > アーカイブ > 2008-08-03

プロフィール
メタ情報

Return to page top