Home > アーカイブ > 2009-08-14

2009-08-14

アウトドアに必携

夏にお出かけする時には、特にフレンチは、クールダウンの用意が必要。
それは、みんな知っているので、かなりの装備で行きます。

●「パン!」ってたたくと冷たくなる保冷剤みたいなのたんまり、

●水に浸すと冷たくなるクールタイ、

●クーラボックスの中には、クールタイ用の保冷剤をたんまり、

●ステンレスボトルに氷をたんまり、

●首に巻いたり、頭に被せたり、身体を冷やすには、タオルより
手ぬぐいとか、ガーゼとか、良く使い込んだバンダナとかが便利なので
それも数枚。

でも 今回の場所は、ちょっと日陰に入れば涼しかったし、
小川の周りも日陰で涼しい、
オマケにワンコプールもあるので、
陽が射した時のひなただけ気をつけていれば、はーはーもほとんどなりませんでした。
でも 実はさらに必携のモノがあります。
それは・・・・・


まずは虫除け品。
今まで行っていたキャンプ場で、虫に刺されたりと言う事が全くなかったので
最初は気がつかなかったのですが、アブやブヨ対策が必要とわかり用意しました。
オレンジのキャンドルは、虫が嫌うシトラネラ入りの虫除けキャンドル。
小さな瓶も同様のモノです。
オレンジのキャンドルは、これを缶に入れてから使います。
芯が太いので、風で消えにくく香りも、柑橘系ででイヤミのない感じです。

そして、虫除けスプレー。
これはボブ家のブログに出ていたので、私も購入しました。
その時に瓶も一緒に買ったのです。
で その効果はというと、スプレーは毎朝のお散歩にも使っていますが、
顔などはスプレーしにくいのでそこに蚊などが来ると、
手で追い払うのですがあとは大丈夫っぽい。
それより ちょっと驚いたのがキャンドルです。
これは、効き目抜群です。
これをタープの周りに風向きを考えて2個ほど置いておきます。
気がつくと、虫が全くいない!
お料理もハエなどにたかられる事が無いので、とても助かりました。
ただし、アリにはあまり効果は無いようです。


そして こちらは刺された時と、他の薬。
真ん中の白い物体は、「ポイズンリムーバー」
アブやハチに刺された時に、この道具を患部に当てて、毒を吸い出す道具です。
手前にあるチューブは、虫さされのお薬。
そして奥は目薬。
どれも 人間用です。
犬の薬って、病院で貰って分かったのですが、ほとんどが人間用です。
目薬は、パピーの頃にブリーダーさんから、市販の人間用の目薬で大丈夫と聞いていたので用意しました。

前回のキャンプで、ウードゥは目に何か入ったのか、葉で擦れたのか腫れてしまいました。
その時にボブ家にお借りした目薬、病院で出したモノでしたが、やはり人間用のモノでした。
でも どれも応急処置用なので、異変に気がついたらやはり病院に直行が良いですね。
今回は、どれも使わずに済んだので本当に良かったです。
さて キャンプから帰ってきたウードゥは、どうしているかというと。


沢山遊んで遊び疲れたのか、ウナギ状態です。


お留守番をお願いして、私が帰ってきても、こんな感じで
な〜〜に〜〜
おかげで、今朝の体重測定で1kg増と判明。

明日からしばらくダイエットです。

Home > アーカイブ > 2009-08-14

プロフィール
メタ情報

Return to page top