Home > アーカイブ > 2011-03

2011-03

新しゴハン

2月に原因不明でお腹を壊したウードゥ。
病院の先生は、「食糞」もひとつの可能性があるかもと指摘。

かれこれ2年同じフードを使ってきたのですが、
食糞は、家にだれかが居たら、たとえunchiをしても絶対に食べません。
知らんぷり。
でも 一人でお留守番の時にはやってしまいます。
遊んだ?の時もあれば、悲しいかな完食の時も・・・・。
それでお腹を壊したことは無かったのですが、
今回みたいに、お薬とかがあると食糞もかなり気になります。


えっ?それってボクのこと? あ いや ボクは何も食べていませんが・・・・。



先生は、1つの対応策として「フードを変える事」を提案しました。
先生のお薦めのフードは、今までのラムベースとは全く違ってお魚ベース。
この何でも食べちゃう食欲王子が、フードを変えたところで
そう簡単には、食糞を止めるとも思えないのですが、
可能性にかけてみる?とか 。

フードを変えて万が一アレルギーが出てきてもそれは困るし。
そのリスクもあると先生は仰いましたが、
同時にそのフードが、アレルギー対応の療法食なので
比較的リスクは低いとも。

散々迷いました。


で、先生のお薦めを信じて変えてみました。
今日で10日くらい。


今度のフードは、unchiが全く臭いません。
これはすごい!
しかも心配していたアレルギーや皮膚疾患も出てきていません。
でも ちょっとunchiの量が多いし、全体に柔らかめです。
まあ 変えたばかりだからかもしれませんが・・・・・。

で 肝心の「食糞」ですが、













案の定 全く効果無し・・・・・・・。



前にも書きましたが、予感はあったのですよ・・・・・。

もしかしたら・・・・・・たぶん・・・・・・おそらく・・・・・・・・。



結局 ウードゥは、フードを変えてみたところで、「食糞は止めない」という結論になりました。

でも 変えてしまったフード。
しばらくは、これでいくしかないのかな〜。

ガッカリ・・・・・・・。


まあ ウードゥは、以前のフードより美味しそうに食べていますが・・・・・。

ムッとしてるの?

うっかり忘れて、お散歩用パカーをソファーに置いたままお買い物に行ってしまった私。

帰ってきたら、この顔。

置いていかれたんで怒ってる?

でも 私のパーカーの上で寝ていたなんて

なんてカワイイ子っ!!!

企業姿勢

こんなの見つけました。

同県というだけで 用心して問題のない野菜まで出荷しなくなっている今日この頃。

趣味とはいえ、ちびっと野菜を作る身としては、風評は耐えられません。

普段は、ファストフードはほとんど食べないんだけど、

この心意気、嬉しいので明日のお昼ご飯は「モス」にしてみようかな。


ウードゥもレタスとか食べる?


久しぶりにお留守番

今日は、あの大地震後初めてウードゥに8時間という長時間のお留守番をしてもらいました。
wwdo地方、徐々には減ってきてはいるのですが
まだ余震があって、2日に一度くらいは大きめの揺れがあります。

ウードゥは、最近「地震お知らせ犬」のようで、
最初の「ゆらっ」という感じの時に直ぐに「ばうっ」と吠えます。
キッチンなどにいる私が気が付かなくても
ウードゥが吠えてくれるので直ぐに分かります。

まあ そういう感じなので、「揺れ」には過敏で怖がるウードゥを長時間お留守番をさせるのは
どうかと思ったのですが、やむを得ずです。






帰ってきて、着替え、手や顔を洗ってリビングに来てみると・・・・・・

完全無視・・・・。



「うーちゃんっ」とか言って、カメラを向けてもこの通り。
ま このポーズは、カメラを向けるといつもなんですけどね。



ようやくこちらをチラッと見てくれました。


その後、お詫びを入れて、遊んであげたらようやくご機嫌も戻って一安心。

幸い今日は強い余震は無かったので、良かったのですが
昨日の地震のように震度4くらいあったら、きっと怖がるだろうな〜。
あの大地震の時に一人でいたのでそれが記憶の中にあるのかもしれないし。

大地震後も昼間一人でお留守番をしているワンコは多いんだろうと思うけど
やっぱり 気がかりです。
とにかく 余震が収まってくれたら良いんですけどね。


あ 関東は、野菜だけじゃなくて水も問題になってきているしそちらも・・・・。
私や夫はもうお年なので平気ですけど、赤ちゃんや幼児、妊婦さんが心配です。
本当に次から次と心配事は多く、特に放射能問題は目に見えないだけに気がかりです。
どうか 一日も早く安心な生活が戻ってきますように。

立ち向かう人たち

あれから10日経ちました。

沢山の人が被災して、今もまだ沢山の人が避難所で不自由な生活をしています。

亡くなった方も沢山。

放射線漏れという新たな問題も出てきています。

途方もなく困難な事に自らを省みず立ち向かう沢山の人たちもまた居ます。

そして その人達を支えている家族も。


これからまだまだ沢山の事を乗り越えなくちゃいけないけど・・・・・・・。


今 まさにその困難に立ち向かう人たちに心からの敬意とエールを送ります。



あれからのウードゥと私

大震災から一週間が経ちました。


余震も随分と少なくなってきました。

計画停電にも慣れて、落ちつて行動出来ています。

今夜は、ちょっと寒いけどエアコンを入れていません。

本当なら 計画停電になっている時間なので。

あの雪の中の被災地を思い出すと、何だか申し訳ないくらい暖かく感じます。



ウードゥは、地震以来とても恐がりになりました。
余震で最初のゆらっとなった時とか、
昨日のように強い風の時窓ガラスに当たる風の音がした時とか
「ボゥッ」と低い声を何度か出します。
「大丈夫よ」って何度か言うと、鳴かなくなりますが
明らかに怖がっています。


「ウードゥ」って呼ぶと、大急ぎで私の元に走ってきます。

それと 椅子に座っていると直ぐにダッコをせがみます。

音や振動にとても敏感になっています。

あの大きな揺れの時に、部屋で一人で居たせいでしょう。

怖かったんだね、ウードゥ。



私の方はと言えば、やはり福島原発がとても心配です。

ココは、随分離れていますが・・・・・。

あまり家から出ないし、洗濯物も外に干していません。

エアコンも極力つけないで、必要な時はオイルヒーターを使っています。

取り越し苦労になると良いのですが、ここ数日好転どころか悪い方向に一歩ずつ?って感じも。

政府の「大丈夫」は信用していないけど、

だからってどうしようもないので、ひとまずここにいます。

日本中のみんなが安心できる日が早く来て欲しいです。

出来ることから

今日は、計画停電が始まりました。

ほんの少しの協力だけど、電気使用を我慢して

被災地に思いをはせ、普段の贅沢な生活を考え直したいと思います。


祈るだけでなく、「出来ることを」のひとつ。

2004年の中越地震の時に、

私はスノーピークの「災害援助物資提供」の取り組みを知り

ウチにあった銀マットを送りました。

メッセージも添えられるので、思いを伝えることも出来ます。

今回も取り組んでいるのでお知らせしておきます。

詳しくはこちらから。

http://www.snowpeak.co.jp/info/2011shien.html



今日から寒さが増す東北地方。

どうか 無事で過ごせますように。

備えて

昨夜、計画停電の発表があり、その後今朝にかけて情報は錯綜。
何だか右往左往しました。

wwdo地方は、昨夜は第1グループと発表され、
朝と晩の2回の停電となっていましたが、
結局第5グループとなりました。
第5グループは、15:20〜19:30の停電なので
最初のグループよりは、数段楽です。

でも いずれあるような計画停電。


こんな時だからこそ役に立つキャンプ用品。
今朝は、ロウソクも急遽太いのを作ってみました。


水の備えも必要です。
こちらもキャンプ用品。
家はマンションなのでもちろんですが、一戸建ての方も水道局から水が来る段階で電気を使うらしいので
念のため用意した方いいそうです。



マンションのwwdo家は、基本暖かいのですが、
夜の事を考えて念のため。


不便にはなるけど、水も食べるものも暖かい毛布もあるのですから
ほんの少しだけど、協力していきたいと思っています。

ただ shogame1は、通勤が大変そうです。
電車だけは、本数を減らしても、運行は中止しないで欲しいなと思っています。





そうそう こんなメールも届いています。

ようやく

wwdo地方、まだ震度3程度の余震が時々あるものの
ようやく落ち着いてきました。


あの日は、私は家から自転車で10分くらいの所にいて地震に遭いました。
最初の地震がようやく収まった時
大慌てて家に帰りました。

途中は、マンホールから水が溢れている所もあったので
ウードゥの事が一番に心配しましたが
家に帰ると、飛びついてきてくれてホッとしました。
と 同時に、ウードゥも怖い思いをしたのだと
はっきりと分かりました。



その後は、大急ぎで緊急非難の荷物を用意しました。
これは、今朝ちょっと再現した写真です。
でも今日になっても、一応リュックだけはまだ置いてあります。

リュックの中には、ウードゥのフード、450g×2袋、それに水。
後は人間用に軍手とか懐中電灯とか。
かつて阪神の地震を経験した友人からのメールで
気が付かなかった靴も用意できました。

人間用の避難袋もベッドの横に常備してあるのですが、
たぶん食料は、賞味期限切れになっていると思います。

余震なのか本震なのか、分からないくらい大きな地震はあの日は何度かありました。
結局、ウードゥと一緒にリビングで着の身着のままで寝ました。
いざという時に、近くにテーブルもあるので、その下に隠れられるので。



ウードゥには、リーシュとリードを付けたままにして
鑑札も付けておきました。




幸いなことに、その後は酷い地震は起きず、
どうやら収束に向かっているようです。

でも 被災地の三陸地方は、時間を追うごとに
その被害の甚大さが分かってきて、心が締め付けられるようです。


どうか 被災した方を、一刻も早く安心できる場所に。
そして、暖かい食べ物と飲み物が受け取れますように。

安否の分からない方が早く見つかりますように。

早く皆さんと連絡が取れて、安心できますように。


祈らずにはいられません。



※追記:ウードゥの事をちょっと書き忘れました。
           あれから余震がある度に「ブォウゥ・・・・」みたに低く太く吠えます。
           たぶん、一人でいたので、相当怖い思いをしたんだろうと・・・・。
           その度に抱きしめてあげています。
           
           被災地のワンコも、どうか無事でありますように。

元気です

生まれて初めて、地震の怖さを実感した昨日。

とても怖い思いをしましたが、

私もウードゥも元気でいます。

shogame1は、帰ってこられませんでしたが

元気で電車の復旧を待っています。

ただ 東北の友人(naoちゃん)の安否が分からず、心配しています。

もし これを読んだら、夫にメールをしてください。

<その後、伝言ダイヤルに連絡が入り無事が確認できました>

心配してメールを下さった皆さん、ありがとうございました。



被災された方々に心からお見舞いを申し上げます。

Home > アーカイブ > 2011-03

プロフィール
メタ情報

Return to page top