Home > アーカイブ > 2016-08

2016-08

お手伝い・・・か?

16,08.30-3

週末持ち帰ったびしょびしょのタープ&テント。

日曜日にベランダで大騒動して乾かし・・・・

たたむのはどうしても室内じゃないと無理そうなので しょうがなく・・・・

まあ予測しておりましたが お手伝いがそそくさと出てきて

 

 

 

 

16.08.30-1

ああ 乗られると 汚れがカーペットに・・・・

まあ しょうがないです。

お手伝い あ・り・が・と・う・・・・?

 

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

キャンプに・・・ならなかった

16.08.29白樺雨

先週末 台風はまだちょっと遠くにあったし お天気もずっと曇り 降雨率40%の天気予報だったのよ。

それで久しぶりにお山に行ったのですが、荷下ろしをし終わったころに最悪の雨。

 

 

 

 

 

16.08.27サイト

それでもね 予報だと1時間後には曇り・・・の予定。

1時間後・・・あれれ また1時間後の予定に変更・・・・

ってことで この写真 何となく曇りで緑も綺麗なキャンプサイト・・・と見えますが

実は土砂降りなんです。。。。私傘さして撮影。。。。

 

 

 

16.08.29 テントとウー

タープを張って その下でテントを設営して・・・・とやって

雨から曇りになる期待をしながらお昼を食べて・・・・

ウードゥも 到着時に少しはねて遊んだ程度で

後は ご覧の通りカートin・・・

 

 

もう止む気配ゼロ・・・・という感じ。

迷ったあげく すごすごと撤収して退散してきました。

 

ええ ええ びしょびしょのタープやらテントのフライやらありますからね。

ゴミ袋に突っ込んで お持ち帰りしました。

 

しかも 帰りは大渋滞で普段なら3時間半くらいで帰ってこれるのに

この日は5時間かかりまして・・・・ くたくたとなりましたです。

 

 

 

※そんなんで カテゴリーをキャンプにしようか迷いましたが 一応・・・・キャンプです。

 

 

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

組織検査結果

 

 

IMG_9999

 

腫瘍切除の際に ついでに詳細な組織検査を PATHO LABOに依頼、

その結果も先日の抜糸の時に伺いました。

 

で その結果ですが「線腫腫症」という診断名。

内容は難しく書いてありましたが、要は【良性腫瘍】という嬉しい結果でした。

ただ 年のせいか あちらこちらにこの手の腫瘍が出来てきていて

今のところはみんな良性なのですが、大きくなってきたり変形してきたりしたら要注意なので

今後も「要経過観察」というところです。

 

ウードゥも年と共に本当に色々と心配事が出てくるなぁ、

 

 

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

抜糸

16.08.21

2週間前 良性の腫瘍を取り 今日はその抜糸の日でした。

手術の後は 大きな絆創膏を付けていたので

今日初めてその術後を見ました。

 

正直「えっ? これが?」ってくらい小さくて綺麗な傷でした。

虫に噛まれたくらいの感じというか・・・。

これなら 傷跡も全然気にせずいられそうです。

丁寧にしていただいた先生にも感謝。

 

まずは 良かった良かった。

 

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

のびてます

16.08.18-2

台風が去ってから 外はものすごく蒸し暑く

エアコンフル活動です。

ウードゥの左上の方から冷たい空気が吹き出しているので

まあ その丁度良い案配に落ちるところにのびてます。

 

 

 

16,08,18-1

はぁ?   なにかぁ?

 

 

ま 毎日こんな調子の夏です。

 

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

嵐襲来

16.08.13-2

久しぶりだけど 来たんだよ 来たんだよ

あいつがね。

 

 

 

 

16.08.13-1

視線の先にはボクがいるんだけどね。

怖がっているように見えるけど 実はそんなことも無くて

次はどんな悪戯してやろう位は思っているような・・・・。

 

もっともだんだんボクも負けずになってきてるけどね。

お母さんもお父さんも 結構「ダメ ダメ」言わないで ボクの対応に任せてくれるようになったからね。

 

しかし やっぱり好きにはなれんな・・・・。

 

 

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

お散歩再開

16.08.09

 

病院の先生は翌日から普通にお散歩して大丈夫と言っていたけど

やっぱりちょっと心配で 手術の日も含めて3日ほどお散歩中止していました。

 

 

 

先生からは 傷口が気になって 舐めることが一番心配なので

その時は「エリザベス」をするように言われていたのですが、

何だか全然気にならない風で 絆創膏もついたままです。

このままなら 次回の病院まで放っておいて良いのかな〜?

って ちょっと気になりますが・・・・。

 

まあ お散歩するには この方が安心ですね。

 

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

手術 無事終了

16.08.07-2

何だか 「あれ?これ?」って感じでした。

思っていたよりもずっと小さな傷だし 局部麻酔だったので本人もいたって元気で

「お父さんとお母さんたら いったいボクを置いて何処にいっていたのっ!」っていう感じ。

お昼ちょっと前にお預けして 午後4時にお引き取りでした。

 

手術は おとなしく良い子で押さえられていたようです。

今日取ったところは 病理検査に出して詳しく調べてもらいます。

抜糸は2週間後、その時に検査結果も判ります。

 

 

 

16.08.07-1

chichiもhahaもいなくて 緊張やら麻酔とか痛い思いもしたんでしょうね。

かなりお疲れの様子、でも 朝ごはん抜きだったので

そちらの方はしっかりと召し上がりました。

ひとまず お疲れ様 無事に終わって良かったね。

 

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

大失敗で猛省

あれは7月の中旬くらいだったかと・・・

その日の朝の天気予報は一日曇りで最高気温が25度くらい。

私はちょっと都心まで出かける仕事があり

迷ったのですが 大丈夫かと思って窓全開でエアコンは入れずに出かけました。

午前中は 涼しくて事務所もエアコンを入れなくても大丈夫な状態。

ところが お昼近くなってくると薄日が・・・。

そして昼過ぎにはお日様も照ってきて急に気温が上がってきました。

 

これは・・・と思って慌てて帰宅しました。

 

 

 

16.08.05-2

家に近づく頃には かなり気温も上がって 焦って歩く私も汗だくになる状態。

玄関のドアを開けると・・・・

ウードゥがよだれを垂らして肩で息をして立っていました。

部屋の中はウードゥのよだれと吐いた跡が・・・・。

とにかくエアコンを入れて急冷にして、ウードゥは濡れたタオルで冷やし

喉の周りにタオルを巻き付け 氷を割って食べさせました。

でも 本人も慌てて食べたでまたしても吐いてしまい、、、

もう本当に背筋がぞっとしました。

そしてエアコンを入れていかなかったことを本当に後悔。

 

結局普通に呼吸が出来る状態になったのは10分後くらい。

そこまでの長かったこと・・・・。

 

 

16.08.05

 

ウードゥには苦しくて怖い思いをさせてしまい 本当に申し訳なかったと反省しきりでした。

普段から気温には気をつけていて 出かけるときは26度を超えたら絶対にエアコンを入れていたはずなのに

あの日はなぜか 大丈夫なような気がして・・・。

 

飼い主失格だな・・・・・と猛省した日でした。

 

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > アーカイブ > 2016-08

プロフィール
メタ情報

Return to page top