Home > アーカイブ > 2017-10-30

2017-10-30

診断

ウードゥはマラセチア皮膚炎にかかっていました。

マラセチア菌が増殖して悪さをしている状態。

 

考えて見たら 2歳歳頃までは 本当に皮膚が弱くて

よくマラセチア皮膚炎になったり脂漏症になったりしていたのですが

その後体質が改善されて 皮膚疾患になることがほとんどありませんでした。

今回は久しぶり・・・・涙

 

 

原因として考えられるのは

一つには 夏からの雨の多いじめじめ感です。

このじめじめが良くないようです。

どちらが先かは分かりませんが じめじめしているので

何となく痒くなって 足を舐めるようになり それがどんどんエスカレートして

今度は耳の中も掻くようになり・・・

ウードゥはまさにこの状態でした。

 

そしてもう一つ先生に言われたのは

食物アレルギー。

食物アレルギーがあると マラセチア菌が増殖しやすいらしい。

 

以前にもブログに書きましたが、

夏頃に手を出した新しいドライフードを取り入れるようになってから

どうも調子がおかしいようなという気はしていました。

そのドッグフードを止めて2週間くらいになるのですが 状態は良くなりませんでした。

それが引き金になって 手作りのご飯にも影響が出ることもあるらしい・・・・。

今回 たまたまドッグフードも手作りごはんも主タンパク質が鶏肉だったということも・・・・。

 

 

 

まあ そんなこんなで まずは一番酷い耳の中のお掃除をしてもらうために連れて行かれるウードゥ。

かなり嫌がっています。

 

今回 マラセチア菌退治と耳の治療用にもらったお薬。

・点耳薬(薬品名は不明)

・飲み薬として

「アポキル」アレルギー性皮膚炎の痒みに即効性のあるお薬。

「アモキクリア」ペニシリン系の抗生剤。

アポキルは最近出てきた新薬で 安全性も確認されているようだし

なんと言っても痒みに即効性があって 一晩経った後 ほとんど掻くそぶりが見えません。

 

問題は 食物アレルギーの事。

これまで そんな問題が起こったこともない我が家にとっては青天の霹靂で

さてどうしたものか・・・・・。

とりあえず 手作りのご飯の鶏肉を止めてみるかな〜。

止めるとしても 今までに使ったことのある「羊」「馬肉」はダメ?となると

カンガルーとか鹿とか? いやいやそんな事はちょっと現実的じゃ無いな〜とか。

 

食物アレルギーについては引き金になったのが 夏から使ったドッグフードの可能性があるとしたら

何だかすごく悔やまれるな〜。

別に問題が無かったのだから このまま手作りごはんだったら

少なくともアレルギーの問題は出てこなかったのかな〜???とか。

落ち込んでおります。

 

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > アーカイブ > 2017-10-30

プロフィール
メタ情報

Return to page top