Home > wwdoごはん | からだのこと > ウードゥごはんのタンパク質とアレルギー

ウードゥごはんのタンパク質とアレルギー

2月にdogドックを受けた時 腎臓の値が良くなくて

ドッグフードの「タンパク質の少し低いもの」にした方が良い、といわれました。

確かにそれまで食べさせていたフードは、タンパク質35%。

炭水化物とか入っていません。

そこでタンパク質の低めのフードを探すことにしました。

 

 

 

それまでのフードを捨てるのももったいないので

先生の助言で フードを少しだけ減らして

その分白米とか ポテト サツマイモを足してみることに。

フードを食べきった段階で 久しぶりの手作りごはん登場。

というのも 低タンパクでなかな良いものが見つからず

色々考えて まずはサーモン8 チキン2の割合くらいで作ることにしました。

なぜチキンを入れたか・・・ というと

 

 

 

 

なかなか低タンパクで良いフードが見つからず

これを買ってみたのですが、 このシリーズ主なタンパク源がチキンなのです。

アレルギー反応の可能性があるチキンは 避けていたのですが

もしかして大丈夫かもという気持ちも有り(それまで問題が無かったので)

でお試しとして まずは手作りごはんにチキンを2割くらい入れてみたわけです。

このお試しは 問題なく大丈夫でした。

 

で その後 このドッグフードにしてみたら・・・・・

2日目くらいに やたらに足ナメが酷くなり

あごもぐりぐりと床に擦りつけてかゆがる仕草。

あごからは出血も・・・・

もう 慌ててこのフードを使うのを止めました。

足ナメは それまでも結構あったのですが このフードに変えて酷くなったような。

 

 

そこでいつもの病院で「アレルギー検査」を受けることにしました。

予定では4月の中旬なので それまでどうするかということで

低タンパクで チキンじゃないフード

 

 

お魚ベースでタンパク質「18%以上」となっていました。

このシリーズは他にラムもあります。

 

それまで アレルギー検査は「チキン」をと思っていましたが

結構はっきりと症状が出たので あえてチキンの検査をやるより

チキンはこの先使わないことにして(そうなると手作りはちょっと難しくなるけど)

「ラム」の検査をしてもらおうかと考え中です。

ラムが大丈夫なら ちょっと幅も広がるし。

 

「フードジプシー」という言葉があるけど ウチは今 それに近い状態。

それだけは嫌だと思っていたのにね。

もともとは腎臓とタンパク質の問題だったのに

ここに来て アレルギー問題も出てきて ちょっと混乱状態です。

 

 

 

 

 

Home > wwdoごはん | からだのこと > ウードゥごはんのタンパク質とアレルギー

プロフィール
メタ情報

Return to page top