Home > アーカイブ > 2018-08-03

2018-08-03

病院をかえようかと思ったり

ウードゥの主治医の先生は、私たちがウードゥを迎えてからずっと同じ先生でした。

たまに専門の先生に診ていただいたり dogドックは別の先生の評価も頂いたりというのはありましたが

基本は同じ先生でした。

その先生のところには フレンチが沢山来ていて

当然フレンチの症例がとても多く 経験値がとても高いのである意味安心でした。

 

 

ただ  車で40分くらいかかるところだし 基本土日しか行けないので

シニアになったウードゥのこの先の突発的な問題に 対応出来るかという心配は常にありました。

もう一つ ここ2年くらい どうもコミュニケーションが上手く取れなかったり

行き違いや勘違いが多くなってきているのも気になっていました。

今回の目の事でも ちょっと「おや?う〜ん・・・・・」ということもあって

どうせなら近くの病院へ変わること考え始めました。

 

 

 

 

新しい病院は 家から徒歩で15分程度。

病院も最近出来たものです。

先生はまだ若く経験値は浅い印象でした。

特にフレンチは恐らく主治医の先生とは圧倒的な差だろうとは思っています。

ただ 今回目の事に関しては 目の構造から状態、今後の治療方法までを丁寧に説明してくれて

分かりやすかったです。

でも 主治医の先生が行くといつも必ずやってくれていた関節の状態の検査は一度も無くて

ちょっとどうなん?って思ったのですが

普通の動物病院ならそうなのかも。

 

 

どちらにしても 今新しい病院でお薬をもらい 診て頂いているので

少なくとも この「角膜潰瘍」が完治するまでは この病院にお世話になろうかと思っています。

とりあえずは 明日また行ってきます。

 

 

 

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > アーカイブ > 2018-08-03

プロフィール
メタ情報

Return to page top