Home > アーカイブ > 2018-08-11

2018-08-11

あまり良くなってないね

もう恒例(?)になってしまった病院通い。

今週も行ってきました。

 

飼い主の欲目ですね〜。

良くなっているように思えたのですが、 どうもあまり良くなっていないような。

点眼薬だけではあまり良くなっていかないようなら

一時的に「角膜縫合」「瞬膜フラップ」「コンタクトレンズ」とかの方法も提案されました。

 

 

「角膜縫合」「瞬膜フラップ」は 一時的に瞼の内側の瞬膜を縫い合わせて目が開かない状態を作り

角膜の保護をしてなおすという方法。

2週間から1ヶ月かかるとのことでした。

ただ これには麻酔を使うことになるので、短頭種でしかも高齢の域になってきているウードゥには

リスキーな感じがします。

先生は、あまり気にしていない風でしたが。

治り方はこれが一番確実らしいけど。

 

 

コンタクトレンズ装着

これは最近出てきた治療法のようで

コンタクトレンズを一時的に潰瘍のある目に入れてレンズで保護する方法

こちらはまだ症例が少ないとのこと。

 

今の所 治りがイマイチ良くないので 次のステップということで提示された治療法。

もし何らかの次の手立てというなら

飼い主的にはコンタクトレンズの方に気持ちが傾いています。

 

さて どうしたものか・・・・。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > アーカイブ > 2018-08-11

プロフィール
メタ情報

Return to page top