Home > プラスwan Camp > 紅葉と冬の気配のファイナル

紅葉と冬の気配のファイナル

午前の雨予報から一転、晴れたお山でしたが、

設営中はまだ不安定なお天気、しかも強風で 撤収の時に解ったのは

あのジュラルミンの支柱が曲がってしまったこと。

あおられたからね〜。

 

 

 

我が家、初日のキャンプ場での昼食は「うどん率」がめちゃくちゃ高いです。

おつゆだけ作ればあとは、うどん玉を投入し おあげ、山菜、半熟卵トッピングしたら出来上がり。

設営って テントを立てるだけじゃなくてその後に荷ほどきみたいにキッチンとかリビングとか

作るから結構時間がかかるので お昼は簡単が一番。

 

 

朝が早かったので この紅葉を眺めつつお昼寝モードに入ります。

日差しはいつの間にかぽかぽかに

 

 

目が覚めたらおやつです。

2週続けてのキャンプだったので 手作りのケーキは無しで

すっかりお気に入りの「コンプレ堂」のアンパン、無花果パン、甘夏とクリームチーズパン

(名称は???)

 

 

 

今回のサイトは草原なので、ウードゥは一人で気ままに遊びました。

結構遠くまで走ってみたり、でも心配になって戻ってきてみたり。

私たちが見ると ウードゥもこちらを一応見て確認するみたいな感じで 一応気をつけながら遊んでいるみたい。

でも 本当に楽しそうに勝手に走り回っていました。

 

 

 

時々立ち止まって何かの気配を感じたり?

 

 

 

 

 

10月も終わりになると 日が暮れるのも早くなります。

山の上はまだ陽が当たっていますが、下の方は陰ってきました。

こうなると急に寒くなります。

気温は10℃を切るくらいに。

 

 

最近は焚き火をすることがほとんど無くなった我が家。

今回も日暮れと共にシェルターにお籠もりして 早速ストーブ。

ダッチオーブンをストーブの上に乗せてニンニクを炒めたらあとは鶏肉と野菜を投げ込んで

気長にポトフを作りました。

重たいフタをすると圧力鍋効果があるので、野菜も肉もふっくらと美味しくしかもいつの間にか柔らかくなっていて。

実は先週もこの方法でポトフに(汗)

 

キャンプ場の夜って、話が盛り上がるときと大して話題もないときとあって(特に夫婦だとね)

この夜は後者。夜が長く感じました。

せっかくのファイナルなのに・・・・

 

 

翌朝はテントもシェルターもばりばりに凍っていました。

気温ー5℃。 クーラーボックスより低い気温。

前の晩にペットボトルに水を入れてシェルターの中に置いておいて良かったです。

水タンク、蛇口のところが凍っていて水が出ませんでした。

 

 

ウードゥはもちろんストーブの前に陣取って2度寝です。

 

 

朝ごはんです。

もう25年くらい使ってきたホーローのお皿は、この時期には目玉焼きがすぐに冷たくなってしまうので

今回木のお皿にしてみました。

ちょっと雰囲気が変わりますね。

ポットはその25年前からずっと使っているホーローポット。

パンは今回も「コンプレ堂」のカンパーニュ。

朝買ってからキャンプ場インしました。

 

 

 

 

ご用をを足して ちょっとだけパトロールをして

 

一目散に テントの方に走ってきます。

 

 

 

 

 

 

お山のファイナルは11月4日

それ以降は閉鎖されます。

私たちのお山は一週間早くファイナルです。

今シーズンは ウードゥの眼の事があって 初夏から夏にかけては行けませんでした。

ひょっとしたら今シーズンはもうダメかもと思ったときもありましたが

こうしてファイナルにくることが出来ました。

 

 

今回は いつの間にか増えてしまった荷物が 果たして車に詰められるのかということの確認と

たまにはお山以外のキャンプ場にも行ってみようか ということで

キャンプ用具一式詰め込んでみました。

思っていたよりは詰め込みが出来てまだ余裕もありました。よかったよかった。

 

 

 

じゃあ また来年ね お山

 

 

 

 

 

 

 

 

Home > プラスwan Camp > 紅葉と冬の気配のファイナル

プロフィール
メタ情報

Return to page top