Home > wwdoの日常 > 不幸中の幸い

不幸中の幸い

 

本人が反省なのか飼い主が反省か。

結論から言えば 飼い主が反省しなくちゃという事件。

 

 

数日前の夜に我が家に小さなゴキブリが出没。

大騒ぎしたけど結局捕まえられず

極端に恐がりでゴキ嫌いは飼い主は

翌日家にあった何年も前の「ゴキブリホイホイ」を仕掛けました。

もちろんウードゥの手が届かないところ

ちょっと奥まったところで 手前には簡易的とは言え柵も置いて。

のホイホイがちょっと買い物に行っている間に・・・・・。

 

家に帰ってきてみると なにやら紙くずが散らかっていて

ああ また何か悪戯をしたんだと思ったのですが

どこか見覚えのある色・・・・。

それが あのホイホイの家でした。

 

 

 

血の気引きました。

あの家の中心には確か誘引剤が。

もちろんそれは消えていて 恐らくウードゥが食べたものと思われ・・・

ドキドキわらわらしながら

とにかくネットで「ごきぶりホイホイを犬が食べた」で検索。

すると すぐにアース製薬のサイトに

まさにこの事が出ていました。

 

Q「ペットが誘引剤を食べてしまったのですが大丈夫?」

A「誘引剤は魚粉・穀物・糖質など、食品に用いられるようなものばかりを原料にしています。殺虫成分は含まれていません。」

https://www.earth.jp/support/faq/cockroach/ad2010/index.html

 

と出ていました。

泣きそうなくらい安心しました。

ウードゥが家に来てから 記憶の中では「ゴキブリホイホイ」を家の中に置くことは無かったはず。

たまたま物入れの奥にあったものを思い出しておいてみたのです。

 

ウードゥは柵が大嫌いなので普段は近づきません。

椅子の脚ですら怖がって側に寄りつかない

例えば ボールを取りに行くのもなかなか怖くて行けないような臆病な子。

だから どこかで私も油断していたのでしょう。

本当に迂闊でした。

これが何事も無かったから良かったものの

万が一殺虫成分とか入っていたらと思うとぞっとします。

 

 

インスタグラムには、本人反省みたいなこと書いたけど

本当は飼い主の私が 猛省中なんです。

 

 

Home > wwdoの日常 > 不幸中の幸い

プロフィール
メタ情報

Return to page top