Home > からだのこと > 年に2回のdogドック

年に2回のdogドック

 

dogドック 行ってきました。

11歳10ヶ月のウードゥ まあ 何も無いということは無いと思っていましたが

多分 大した事にはならないんじゃない?っていうくらい目に見える問題は

「白内障」以外は無いように思っていました。

 

結論から言うと ほぼ問題ない程度のお体の具合(やっぱりね)

年相応に健康ですという感じ。

目は白内障がかなり進んで ちょっと炎症を起こしていたので

その治療点眼薬を処方してもらいました。

あと 体重がちょっと少なめなので(今日は空腹時9,65kg)

ご飯を増やす方向で。

ただ 食事のバランスは良いようなので 手作りごはんにドッグフードを足す感じが良いかなと。

 

一点ちょっと問題がありました。

体の一部にちょっと分かりにくい腫れがあり

そこは経過観察ということになりました。

今日調べられた組織検査でいうと「肥満細胞腫」とか「リンパ腫」ではないのですが

患部をこの1ヶ月観察して 腫れとか赤みとかが出てきたら

院長先生(腫瘍認定医)の診察と組織検査をすることに。

何も無ければ1ヶ月後に院長先生の診察を受けることになりました。

 

(写真は洗浄と採取をするためにがんじがらめにされているウードゥ)

 

 

今まで dogドックを受けて 大した問題があったことは無かったので

今日はちょっと落ち込みました。

まだ 何も分かったわけではないのですが

1ヶ月後にどうなるのか またはその前に何か問題が起こるのか。

考えてもしょうがないのですけど・・・・・

 

どうか「あれは単に炎症を起こしていただけだったね」と笑い話になりますように。

 

 

Home > からだのこと > 年に2回のdogドック

プロフィール
メタ情報

Return to page top