Home > プラスwan Camp | 思い出の日々 > ウードゥのいないお山へ

ウードゥのいないお山へ

4月にウードゥが亡くなって コロナ騒動でお山は閉鎖になり

ようやく開いたと思ったら梅雨の長雨で全くキャンプが出来ず

その後は色々とあって 8月の終わりになってようやくお山に行ってきました。

ウードゥの着ていた黄色のシャツで小袋を作り刺繍をして

中に遺髪と遺骨を入れて一緒にお山に。

お山に着いてからは、色々な事が思い出されて胸がいっぱいに。

「あそこで座り込んで動かなくなったね」とか

「この草原を凄い勢いで走って脱走したね」とか 

そんなことばかりが思い出されて 懐かしくもあり切なくもあり・・・・。

泣けて泣けて困りました。

約1年ぶり位に再会した可愛い子ちゃんたち。

当たり前のようにみんな元気でいるのに ウードゥだけがいない。

そう思うとたまらない気持ちになるので それは横に置いて

沢山なでなでさせてもらいました。

夕食はスキレットでナスとトマトのグラタンを作ってみました。

家ではいつも作っているのに やっぱりお山で作ると

美味しさは倍増!

しかも今回初お目見えのバーナーがなんか良かったみたい。(写真撮り忘れ)

そして炭火の熱加減も良かったみたいな。

チーズの溶け具合と下の具材との一体感が素晴らしく 

これは家で作るグラタンとは比べものになりませんでした。

ただ パン粉をかけるのを忘れてしまったので

表面がかりかりにならなかったのが残念。

もう一つの新物、メスティン。

飯ごうの横バージョン?

固形燃料で炊くので 何もしなくて良いというのが売りみたい

でも 私の経験不足なのか イマイチ美味しくは炊けませんでした。

次回再トライか?

ウードゥとの写真は、実は購入が昨年だったので 撮って置いたもの。

結局その後キャンプには行けずメスティンのお披露目も今になってしまいまた。

夜7時頃 雲の向こうにたぶん月だったんじゃないかと思うのですが

逆光が出来て そこにウードゥの顔が浮かび上がったのです。

丁度黒いお顔が後ろからの光でシルエットのようになって・・・。

でもあっという間に崩れてしまいました。

写真はかろうじてまだ耳が見える感じです。


翌朝の風景。

ウードゥを起こすこともお散歩も無いので ヒマです・笑

久しぶりにチビバーナーを使ってコーヒーを入れてみました。

上手く出来て良かった。

朝ごはん。いつものキャンプの朝ごはんと一緒です。が

久しぶりなので本当に美味しかったです。

気温は昼間はやはり高いですが、日陰は涼しいし

夕方になると気温もぐっと下がって10℃を切るまでになります。

ススキも沢山出てたし、トンボも沢山舞っていました。

お山はもう秋の気配。

次に来る時はもう厚手の上着かフリースが必要になりそうです。

Home > プラスwan Camp | 思い出の日々 > ウードゥのいないお山へ

プロフィール
メタ情報

Return to page top