Home > からだのこと

からだのこと Archive

素人考えだけど

ウードゥが元気が無くなって さてどうしたら?と思っていたのですが

もしかして? と思って

飲み薬を一日回朝ごはんの時だけにしてみました。

何となくですがこの飲み薬の成分のステロイドがどうも強すぎるような気がしていました。

とにかく見る見る間に元気が無くなったので。

そして 何かあったらすぐに一日2回に戻すため よくよく監察することに。

 

 

 

 

 

 

 

結果ですが 朝一度だけにしたら 本当に見る見る間に元気が出てきて

目にも力が出てきました。

手足舐めは 無いままなのでこのまま続けることにしました。

それに体重の減少傾向を考えてフードの量を増やしています。

耳の腫れはかなり収まってきていて

知らない人が見たら たぶん腫れているのが気が付かないくらいまでになりました。

汚れもだいぶ良くなってきています。

 

 

目先の事が落ち着いて来て

後は検査の結果を待つだけになりました。

ちょっと落ち着かない日々です。

 

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

wwdoの様子

日曜日から耳のお掃除&塗り薬 そして飲み薬を使い始めて

圧倒的にカイカイが無くなりました。

耳の炎症も少しずつ治まってきています。

しかし その代わりと言うのも変ですが 何だか元気が無くなり心配に。

ご飯はいつもの通りしっかりと食べて

いや 今日なんて私の貴重なお昼ご飯のパンもこっそりと食べてしまったりするくらいなのですが

(それはそれで大変なのですが・・・)

なぜか元気が無い・・・・。

お散歩もイマイチ乗り気でないし・・・。

お薬はステロイドが入ったものであと3日分。

そのまま続けていて良いのか不安です。

 

もう一つ 体重が急に減ってしまいました。

これはお薬のせいじゃなくて もしかしたらフードのせいかもしれないのですけど。

今まで穀類の入ったご飯だったのですが

アレルギー対策として 穀類とポテトの入っていないグレインフリーのフードにしたせいなのか。

体重は現在9.6kg。

フードをもう少し増やしたり おやつにサツマイモとかを

取り入れたりしてみようかと思っています。

 

 

何だか 色々な事がいっぺんに起こってきて不安満載です。

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

つぎつぎと新たな問題が

今までどうして気がつかなかったのか・・・・

今日二子玉川までちょっと行って

お昼ご飯を食べに入ったレストランで気がついたウーどぅの耳の異変。

耳の入り口に腫れ。

色は皮膚と同じようだし腫れ方もぽっこりというよりもっこり?

で 気がつかなかった・・・・というのは言い訳ですが。

二子玉川からだと 2月にdogドックに行った病院が近いし

万が一の時は専門性も高いので早速電話。

 

午後の診察時間の最初に診ていただきました。

結論から言えば 腫瘍ではありませんでした が

先日来問題になっているアレルギーからの可能性が。

 

ウードゥは以前から足ナメが酷かったのですが

それに加えて最近は左耳を盛んに書く仕草が加わりました。

掻いているウチに化膿して腫れたという感じらしいです。

耳の中も左耳だけがとても汚れていてました。

今日はまずは 細菌の検査と培養によるカビ菌の検査。

結果は10日くらい後になりますが

その間は かゆみ止めの抗生物質を飲んで

耳の洗浄(私がやるのですが・・・・)とお薬の塗布。

また先日から アレルギー物質を排除したフードにしているので

1ヶ月くらいそれで様子を見てみること。

ということで今日はお仕舞い。

 

 

 

 

検査結果が出ないと今後の事が決められないのですが

まずは 腫瘍とかで無かったことにホッとしました。

後は検査結果の連絡待ちになります。

他にもイボが脇の下に新たに出来ていたので 組織検査をお願いしました。

 

 

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

これが全てとは思わないけど

 

大麦 米 玄米 コーン 七面鳥 鶏肉 羊肉 ジャガイモ 人参

 

アレルギー検査の結果 上記の食物に陽性を示したと結果が出ました。

人参もそうなん???ってちょっとビックリですが・・・・

食物以外にもウールやハウスダスト等々 色々と陽性に。

 

 

思っていたよりも沢山の食べ物にアレルギー反応が出たという感じで

ちょっとビックリしました。

まあ年齢が年齢ですから(10歳半)ある程度はしょうがないかと思っていましたが。

さらに 私がとても気になったのは

この検査結果「スペクトラム ラボ ジャパン(株)」というところが出したのですが

先生からはその結果の用紙を渡されただけで、

こちらから質問しても 大した説明は無く

これを見て 判断はそちらにお任せします的な感じ。

長年診ていただいた先生で それなりには信頼をしているのですが

今さらですが アレルギーについての専門知識はそれ程無いのか?と思ったり。

まあ ウードゥが今まで食べ物でアレルギーの問題を起こしたことが無かったので

気がつかなかったのかもしれませんが。

 

ウードゥの皮膚は 表面的には毛艶も良いし皮膚も綺麗です。

ただ 足ナメがこの半年〜1年くらい特に酷くなっていて

その現象からしたら アレルギーの可能性もあったので

今回 安心材料として検査をしました。

アレルギーの専門の先生からは足ナメがアレルギー反応の可能性はあるけど

皮膚の具合が悪い訳ではないので可能性はそれ程高くないかもと。

心配なら検査をしても良いかもとの話でした。

ただ ドッグフードも手作りも 昨秋から鶏肉を与えると様子が変だったことは確かでした。

具体的にはとても体を痒がっていたので、すぐに鶏肉は止めましたが。

 

ですから結果としては 検査をして良かったです。

少なくとも これからドッグフードを選ぶ指針になりますから。

ただ 「スペクトラム ラボ ジャパン(株)」の冊子には

 

「食物に含まれるアレルゲンが体内に侵入すればIgEが上がるので、

数値が高いからと言って必ずしも症状を起こしているとは限りません。

現時点では食物アレルギーを確定診断出来る検査は存在しません。

検査結果はあくまでもフードを選ぶための参照としてください」

 

と書いてあります。

そんな感じなので 先生も検査結果について述べることは無かったのかなとも思います。

ま 結局飼い主の自己責任でということ?

 

「スペクトラム ラボ ジャパン(株)」では 推奨のドッグフードとして

メーカー3社の3種類のフードを上げていますが

たった 3社3種類しかないのか?というのも ちょっと疑問だし。

ウードゥは2月の健康診断で「腎臓の問題」を指摘されています。

フードには タンパク率の低めの物を選ばないとならないので

グレンインフリーで 普通〜低タンパクのフードってなかなか見つけにくいです。

 

 

色々な心配と疑問をいだきながら 検査結果を何度か見ています。

ウードゥが本当はどの程度のアレルギーの持ち主なのかは分からず仕舞いです。

鶏肉については 数値は高かったですが100〜5000の間で200程度だったので

上限からしたらそれ程でも無いのかもしれませんが 反応は出ているので

先にも書いたように 陽性反応の出た食物について

あえて それをフードで与える必要は無いというか

まずは入っていないものを探す方向になると思います。

 

思うところを つらつらととりとめも無く書いたので

何だかまとまりの無い文面になりましたが 今はこんなところです。

 

 

どうでもいいから ご飯だけはチャントください・・・・

 

 

 

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ずっと心配するより

久しぶりに主治医の先生の病院に行ってきました。

以前に先生にも指摘された「アレルギーの可能性」の検査です。

別の病院の話で「アレルギー検査は 1種類につき○○円」と言われていたので

先日食べさせて症状が出た(と思った)チキンはもう外すことにして

これからの可能性として「ラム」を調べてもらうことにしていました。

が いつもの病院では「全てのアレルギー食物」の検査結果が出ることが分かり

検査料はかなりかかりましたが、ずっと色々と心配するより

確定が出た方が 安心剤としてはこちらの方が良かったかな。

結果は検査機関に出すこともあって3週間後になります。

今日は 他に狂犬病の予防接種もしました。

久しぶりに 主治医の先生とお話もしてちょっとアドバイスももらったり。

お話が出来て良かったです。

 

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ウードゥごはんのタンパク質とアレルギー

2月にdogドックを受けた時 腎臓の値が良くなくて

ドッグフードの「タンパク質の少し低いもの」にした方が良い、といわれました。

確かにそれまで食べさせていたフードは、タンパク質35%。

炭水化物とか入っていません。

そこでタンパク質の低めのフードを探すことにしました。

 

 

 

それまでのフードを捨てるのももったいないので

先生の助言で フードを少しだけ減らして

その分白米とか ポテト サツマイモを足してみることに。

フードを食べきった段階で 久しぶりの手作りごはん登場。

というのも 低タンパクでなかな良いものが見つからず

色々考えて まずはサーモン8 チキン2の割合くらいで作ることにしました。

なぜチキンを入れたか・・・ というと

 

 

 

 

なかなか低タンパクで良いフードが見つからず

これを買ってみたのですが、 このシリーズ主なタンパク源がチキンなのです。

アレルギー反応の可能性があるチキンは 避けていたのですが

もしかして大丈夫かもという気持ちも有り(それまで問題が無かったので)

でお試しとして まずは手作りごはんにチキンを2割くらい入れてみたわけです。

このお試しは 問題なく大丈夫でした。

 

で その後 このドッグフードにしてみたら・・・・・

2日目くらいに やたらに足ナメが酷くなり

あごもぐりぐりと床に擦りつけてかゆがる仕草。

あごからは出血も・・・・

もう 慌ててこのフードを使うのを止めました。

足ナメは それまでも結構あったのですが このフードに変えて酷くなったような。

 

 

そこでいつもの病院で「アレルギー検査」を受けることにしました。

予定では4月の中旬なので それまでどうするかということで

低タンパクで チキンじゃないフード

 

 

お魚ベースでタンパク質「18%以上」となっていました。

このシリーズは他にラムもあります。

 

それまで アレルギー検査は「チキン」をと思っていましたが

結構はっきりと症状が出たので あえてチキンの検査をやるより

チキンはこの先使わないことにして(そうなると手作りはちょっと難しくなるけど)

「ラム」の検査をしてもらおうかと考え中です。

ラムが大丈夫なら ちょっと幅も広がるし。

 

「フードジプシー」という言葉があるけど ウチは今 それに近い状態。

それだけは嫌だと思っていたのにね。

もともとは腎臓とタンパク質の問題だったのに

ここに来て アレルギー問題も出てきて ちょっと混乱状態です。

 

 

 

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

気休めかもしれないけど

dogドックでも指摘された白内障。

最初に指摘されてから 一年くらいかと思うのですが

瞳の白濁は進んでいるように思え、とにかくいつも気になっていました。

色々と調べてみても 目薬では治すことは出来ないのは判っているのですけどね。

せめて進行を少し遅らせることは出来ないかと思って目薬を買ってみました。

 

気休めかもしれないけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

もう一つ心配事

dogドックに行く前から ずっと気になっている白内障

今回はちょっと進行していたので 先生にも聞いてみましたが・・・

 

 

やはり外科手術をする以外にはほぼ止める方法は無いようなのですが

今 手術をするよりこのまま経過観察にした方が良いとのことでした。

 

 

 

 

 

ただ白内障脱臼になると とても痛がるのでそうなったらすぐに手術になります。

実際お友達の子で 高齢で白内障脱臼になり その子は手術で眼球切除をしたそうです。

高齢だったのでもう片方の目の手術はもう無理になるとのことだったので

片目も同時に手術したそうです。

可哀想に思えるけど あの痛がり方を見たら手術して良かったと思ったそうです。

 

「犬は 盲目でもその環境を受け入れて生活出来るから大丈夫」

 

という先生の言葉で救われたと言っていました。

ウードゥの目が今後どうなっていくかは分かりませんが

点眼薬はほぼ役に立たないとのことは どの先生もおっしゃっているので

今後は注意深く監察していくしかないかなと思っています。

 

 

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

10歳4ヶ月のdogドック 2

dogドック検査結果の続きです。

今回は血液検査を中心に

写真のピンクになっているところが数値に問題があったところです。

主に腎臓系の問題なのですが 実は前回書いたように

当日の朝ごはんを食べてしまっていたので、正確な数値というわけではなく

今回の検査の大失敗のところです。

ただ 血中尿素窒素やクレアチニンの数値が高いので

もしかしたら軽い脱水とか水分不足が考えられるらしいです。

ずっと手作りのご飯で問題なかったのに

昨年 ドッグフードに変えたことが災いしたのか???と ちょっと心配に。

ドッグフードは毎回ふやかしているのですが どう考えても手作りごはんより水分は少ないし

お水もそう飲んでいるようにも思えないし。

また 今のドッグフードが「グレインフリー」で穀類が全く入っていないので

年齢から考えても ちょっとタンパク質が多すぎるかもと。

タンパク質を少し減らして穀類を与えてみては?とのアドバイスがありました。

シニア用のドッグフードも検討した方が良さそうです。

今のドッグフードは お魚だけなのでシニア用じゃないんですよね。

 

 

まあ そんなんで今回のdogドックは 数値としてはあまり当てにはならない?

感じなのですが、 先生からは「もし○○なら こんな症状が出ます」と教えて頂いたので

次回 半年後の検査には気をつけておこうと思います。

ご飯に関しては 本当に悩ましいです。

アレルギーの事も心配なので そうするとまずシニア用のドッグフードが見当たらないし。

でも そのアレルギーも検査をしたわけでは無いので 本当にそうなのかは不明です。

 

何だか上手くまとめることが出来ませんが こんな感じが今回の検査の結果でした。

 

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

10歳4ヶ月のdogドック

10歳を越えたwwdo

年に2回くらいは健康診断をした方が良いのでは?ということで

dogドック行ってきました。

今回は 小さなおできも気になっていたので 都心の病院へ。

おできについては まだ小さいので今後大きくなってきたら検査ということになりました。

 

 

さて 検査結果です

 

 

 

レントゲンですね。背骨はやはり奇形があってそれはもうしょうがないことです。

胃の中に何か入っている?って先生に言われて

普通に朝食を食べさせたと・・・

今回 私たちもちょっと不注意で朝食を抜くことに思いが至らず・・・・

病院側も諸注意に無かったので それについてはお詫びがありました。

 

 

 

 

胆嚢です。バナナみたいな形の黒い部分が胆嚢で 底に白っぽく見えるのが胆泥です。

人間だと胆石なるのですが 犬は胆泥になるそうです。

これが 溜まりすぎると穴をふさいで胆嚢が破裂するという怖いお話を聞きました。

今の所軽症とのことですが、つとめて水分を沢山取るように言われました。

昨年秋から ドッグフードにした弊害かな〜???

ドッグフードはふやかしているのですが アカナは固くてなかなかふやけません。

ドッグフードは ちょっと考えているるところです。

 

 

 

 

 

 

 

今回ちょっと心臓に問題があることが判明しました。

横の破線は血管で縦の破線が心臓の左心房です。

このサイズが本来は同等でなくてはいけないそうなのですが

LA/Ao 1.44となっていて 左心房が1.44倍の大きさになっている

つまり心臓肥大の可能性が・・・・・

ただ 心臓に雑音が無いこと 血液の逆流も無いこと(心肥大症だと逆流するらしい)から

要経過観察、3ヶ月に一回くらいまずは心音の検査(聴診器で心音を聞くことで良いらしい)

それで問題があるようならエコー検査となるそうです。

画像を見ながらの問題点の説明はこんな感じ。

 

あと 左耳の中に毛が溜まっていて汚れも結構あったとこのことで今回はお掃除してくれました。

家でも耳の掃除を勧められました。

耳のお掃除は ちょっと迷うところなのですが

トラブルが起きるのはいつも左耳で 皮膚の状態が悪くなり 油っぽくなると絶対に左耳が汚れて

状態が悪くなります。

ただ 今回は皮膚の状態はとても良いとのことだったので 耳だけが??

 

他に血液検査結果についても色々とあったので

それについては次回のご報告にしようと思います。

 

 

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ホーム > からだのこと

プロフィール
メタ情報

Return to page top