Home > からだのこと

からだのこと Archive

フード その後

アレルギー検査の結果以降 さてフードをどうするかはなかなか決められませんでした。

ヘタしたら フードジプシーになってしまうのかしらと思ったり。

そこで 色々と悩んだのですが検査機関が推奨し、以前の病院もお勧めだった

ロイヤルカナン「セレクトプロテイン ダック&タピオカ」を とりあえず使ってみることにしました。

 

 

(写真はサイトからお借りしています)

 

ただ ウードゥが鶏肉に陽性反応をしているのに 原材料の中に

「加水分解タンパク(鶏、七面鳥)となっているのが少々気になりました。

また 「ダック」というのもどうなのかなと思ったり。

ただ 推奨なので大丈夫かと・・・・・

 

 

2週間くらい使ってみて 何だか「カイカイ」「手舐め」は全然治らないし

もしかして酷くなっている?という気さえしてきて・・・・

でも 通称フードは1ヶ月くらいは試さないと(先生によっては2ヶ月とか)判らないので

アポキルを飲ませつつ食べさせました、が

1ヶ月経っても一向に良くなるどころか カイカイも手舐めも酷くなって来ているような。

 

 

 

(写真はサイトからお借りしています)

 

そこで 以前にちょっとだけ使たナチュラルバランスの「ウルトラプレミアムスィートポテト&ベニソン フォーミュラ-」

を使ってみることにしました。

このフードは 幸いなことに検査で陽性反応が出た食物は一切入っていませんでした。

ただ その時の先生からは

「陽性反応が出たものが入っていないからといって カイカイが出ないとは限らない」と

言われていたのですが・・・・。(理由は解りませんでした)

 

食べさせ始めて1週間くらいで 何だか「カイカイ」も「手舐め」もほんの少し落ち着いてきているような?

ただunchiはちょっと硬めになってきていました。

 

 

 

 

 

あれから1ヶ月半位経つのですが、カイカイは全く無くなったというわけではないのですが

かなり軽減されています。以前の1/10くらい。

こうなると 本当に痒いというよりは、ちょっとヒマなので「手舐め」してみました。程度。

アポキルも全く使わなくなりました。

 

どうやらウードゥにとっては、「ウルトラプレミアムスィートポテト&ベニソン フォーミュラ-」の方が

合っていたような感じです。

 

この夏からずっと色々とトラブル続きだったウードゥですが

ようやく体も落ちついて、フードも定まったので

このままの状態を維持してもらえたらと今は思っています。

 

 

 

 

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ようやく

 

久しぶりのお散歩、一週間ぶりくらい。

 

ウードゥ ようやく復調してきました。

丸一日絶食し、翌朝の朝食は10gをふやかしたところから始め

嘔吐がなかったので、4時間おきにちょっとずつ増やして

今日日曜日から一日3回のご飯をふやかして。

まだ しばらくは様子見なのでこの当分一日3回のご飯をふやかして でいこうかと。

 

体重が9.8kgから9.4kgまで急激に落ちたので

一時は点滴をしてもらおうかと思ったくらいでしたが

とにかく食べられて、嘔吐も無くなったので点滴をしないで済みました。

 

 

原因は色々考えてみたのですが、

やっぱり2週続けてのキャンプとか

そのキャンプの寒さとか疲れとか そういうのが年齢と共に

体調に現れるようになったのかな〜。

今までは何ともなかったのにね〜。

 

私たちはいつもお山にキャンプ用品を預けたままにしているので

先週はキャンプ場の冬季閉鎖前に荷物をどうしても運び出さなくてはならず

2週続けてのキャンプになってしまったことは

ちょっと反省点です。

ウードゥが歳だということは頭では解っていたつもりでしたが

実感としてあまりなかったのかも。

 

 

とにかく元気になってきてくれて本当に良かったです。

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

具合悪いねん

今週の火曜日 朝ごはんをリバース。

丁度私が仕事に行く日だったので いつもより3時間ほど家に居て様子見。

大丈夫そうだったので出かけました。

 

 

帰ってきての夕ご飯は ちょっと砕いていつも通りにふやかして

心配だったので2回分けて与えました。

リバースする事は無かったので一安心。

翌朝 水曜日も仕事に出かけることになっていたのですが

朝ごはんは普通に食べられてリバースもなかったので出かけました。

その水曜日の夕ご飯、いつものように少しふやかして1回であげたら

リバース・・・リバースで合計3回嘔吐しました。

その後はようやく落ち着いたのですが

今朝のご飯。しばらく一日3回のご飯にしようと思い 一日の1/3に。

ところが

まず食べ方が 「ご飯命「「食欲王子」のわりには、食べ方がのらりくらり

食べ終わって 間もなく嘔吐。

その後も嘔吐をして合計4回。

これは大変かもと思ったのですが、

木曜日はどこの動物病院もお休みで、最悪はまた24時間体勢の都心の病院か?

と思ったのですが、念のため地元の主治医の先生に電話をすると出てくれました。

色々と相談したのですが、

結局 今日一日絶食にすることになりました。

水分は心配だったのですが、

無理矢理なんらかの形で与えると 結局また嘔吐するだろうということで

水も 自分から飲むまでは放置することに。

体重は9.8kgから9.4kgに激減したので そこだけ先生がちょっと気になると仰いましたが

とりあえず様子見をすることにしました。

 

ご飯食べてないからか、元気は全く無いし

へろっとしたままです。

まあ ご飯がお腹にないのですからしょうがないですね。

 

 

明日にはまたいつものウードゥに戻っていますように。

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

カイカイが酷い

 

このところ カイカイが特に酷くて

カイカイをする度に目をひっかいて仕舞わないか 気が気ではありません。

エリカラを付ければ良いのですが

この夏の間 「角膜潰瘍」でずっと付けていたので

何だか可哀想で付ける気になりません。

 

 

そこれ以前に病院でもらった「アポキル」を使いました。

アポキルは一年前くらいに 前の病院で処方してもらったのが最初です。

ステロイドではないアトピーのお薬とのことでした。

もともと アトピーなのかは不明なのですが その時処方してもらったら

あっという間にカイカイと足ナメが治ったし

ステロイドの副作用がないとのことなので安心していました。

新しい病院でも カイカイや足ナメには積極的に処方しています。

ただ 一年以上常用してはいけないことと

必ず病院で処方してもらうというのがお約束みたいです。

 

まだ新しい薬なので 長く常用したときの副作用とかは出ていないそうで

ちょっと心配な気もしますが・・・・

毎日続けないようにしながら使っています。

今日も数日ぶりに使ったら 30分くらいで効き始め落ち着きました。

 

アポキル 良い薬には変わりないのですが気になる・・・・・。

 

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

長かった

 

角膜潰瘍 完治しました。

一日に5,6回点眼を 3ヶ月続けました。

目薬 最後の方は偶然母が使っているものと同じだったので

余っているのをちゃっかりもらったりしましたが(笑)

ブドウ膜炎が治ってホッとしたのもつかの間

翌日には???ってなって

いつもの病院は予約がすぐに取れなくて

近くの新しい病院を探して一か八かでした。

 

角膜潰瘍は 角膜に傷を付けてしまう怪我というか病気というか

目が他の犬種に比べて出ているフレンチブルドッグやパグ、ボステリはなりやすいのだそうです。

ですから完治したと言っても

これからもきをつけていないと なりやすいという問題があります。

同時に角膜潰瘍に前になった ブドウ膜炎についても

白内障を持っているウードゥはやっぱりなりやすいのです。

白内障は人間なら手術もありますが

高齢になったウードゥの場合 リスクも考えるとやはり無理かな。

先生は 「かなり酷い状態だったので ここまで良くなるとは思っていなかった」と仰っていました。

母が目薬を頑張ったおかげだね。(自画自賛)

ただ傷跡は若干あります。

正面から見た目には分かりませんが、

上から見ると 眼球の局面の一部がちょっととがっています。

これは 今後もきをつけないといけないです

 

 

でも

とにかく 今は完治してくれたことを喜びたいと思います。

 

 

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

もう少し頑張りましょう

2週間ぶりの病院 行ってきました。

この2週間はとにかく目薬の点眼を忘れないようにと

3時間おきにさしていました。

それが良かったのか分かりませんが、かなり回復してきていました。

傷は人間の怪我で言ったら「かさぶた」状態になっているそうです。

ここで 気を抜かないように、しっかり点眼し傷に気をつけたら

あと2週間程度で傷は治るそうです。

 

 

 

もう 本当に嬉しかったです。

一日何度も点眼することもさることながら エリザベスをしたままのウードゥも可哀想で可哀想で。

7月初旬ブドウ膜炎から角膜潰瘍に続けざまになって2ヶ月

ウードゥの目は一体どうなるの?と本当に心配の中にいました。

 

 

でも ようやく先が見えてきました。

エリザベスとのお別れも見えてきました。

ただ このブドウ膜炎と角膜潰瘍はフレンチに多いらしく

特に高齢になってくると 治ってもまたしてもということが多いらしいです。

いつもエリザベスをしておくわけにもいかないので

しょうがないですけど。

でも まあ とにかく次回1ヶ月後くらいに病院に行くので

それまでにはちゃんと治っていることを期待したいと思います。

 

あ 欲張りですが、9月の連休に出来たらキャンプとか行けたらな〜なんて・・・・

 

 

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ようやく

新しいフードにもようやく慣れ 体調も回復したのか

リバースもなくなりました。

先日は久しぶりにウードゥも連れて両親のところにちょこっと行ってきました。

前回は確か1月だったかと思うのですが、それでも忘れることなくいるようで

お散歩も庭で遊ぶ様子も分かっている感じがしました。

 

 

 

日中は蒸し暑くても やっぱり秋が近づいてきています。

田んぼはもう黄金色の稲で 早いところは刈り取りが始まっていました。

 

 

 

お孫ちゃん達も合流。

下の子は 大きいじぃじとばぁばに会うのは初めてでした。

 

 

ウードゥは、ご飯の調子は戻ったものの 目は相変わらずで、

今回 病院は2週間行けなかったので どうなるかと気がかりですが

とにかく目薬を頑張る感じです。

 

そうそう 目薬母から「私あまり使わないから」とウードゥが使っているのと同じ目薬を

ちょっと頂いてきてしまいました。

母が病院でもらうと 本当に安い・・・・(たぶん100円単位)

でも お母さん あなたもちゃんと目薬 さしてくださいね・・・だよね。

 

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

リバース

昨夜 食後1時間後くらいに フードをリバースしました。

私がちょっと居なかったので その間にまた食べてしまったという・・・・・

その後は吐くことはないのですが

今朝は ちょっと元気がなくて

早起きさんぽも 50mくらいでご用を足した後

すたこらさっさと帰ってきました。

朝ごはんは一日分を3回に分けた1回分

吐かずに食べきりました。

 

 

フード 実は今週頭から変えてきています。

今までのフードにも アレルギーの原因物質は入っていなかったのですが

どうも手ナメが相変わらず酷くて・・・・。

今度のは 一応アレルギー検査で出た結果を基に推奨されたフードです。

ロイヤルカナンの セレクトプロテイン ダック&タピオカ。

ただ これを食べ始めて吐いたのは今回で2回目です。

もちろん前記したように 原因は分かっていませんが。

 

 

 

 

 

次回からフードは少しでも消化が良いように粉砕してふやかすつもりです。

そういえば 一年前の今頃も 体調を崩したりしていました。

季節的なものかもしれないし 年齢的なものかも。

ちなみに 犬も夏ばてってあるんだろうか?とか。

角膜潰瘍も心配だし 本当に難しいお年頃です。

つい6月頃までは とても元気だったのにね〜。

 

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ちょっと嬉しい事

 

一週間ぶりの病院。

今回はchichiがいなかったので 私がカートに乗せて行ってきました。

このカートの底には保冷剤がタオルにくるまって置いてあります。

幸いにも急に涼しくなってくれたので本当に助かりました。

こんな時のために 病院を徒歩圏に探して置いて本当に良かった。

ただ 頭の上は やっぱり熱くなっていました。

気をつけねば。

 

 

さて 検査の結果ですが、

これは もう本当に嬉しい事に かなり改善されてきていました。

何だか瞳が白く濁っているようで どうなの?って思ったのですが

それは どうやら古い角膜が剥がれ 新しい角膜が再生している(?)(と私は理解した)らしい。

先週 3時間おきくらいに目薬を点眼したのが良かったのかな?

ともかく 改善されてきていたことはとても喜ばしいことでした。

 

 

 

治療法は 他にも「自己血清点眼」といって

ウードゥの血清を薄めて目薬にする方法もあるとのことでした。

ただこれは かなり痛いらしい。

今回みたいに 改善の方向なら今の目薬をしばらく使って様子を見ることに。

来週は ちょっと都合が悪いので

次回は2週間後に診察を受けることにしました。

目薬は 油断せずにきっちり使うようにせねば。

 

 

 

 

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

あまり良くなってないね

もう恒例(?)になってしまった病院通い。

今週も行ってきました。

 

飼い主の欲目ですね〜。

良くなっているように思えたのですが、 どうもあまり良くなっていないような。

点眼薬だけではあまり良くなっていかないようなら

一時的に「角膜縫合」「瞬膜フラップ」「コンタクトレンズ」とかの方法も提案されました。

 

 

「角膜縫合」「瞬膜フラップ」は 一時的に瞼の内側の瞬膜を縫い合わせて目が開かない状態を作り

角膜の保護をしてなおすという方法。

2週間から1ヶ月かかるとのことでした。

ただ これには麻酔を使うことになるので、短頭種でしかも高齢の域になってきているウードゥには

リスキーな感じがします。

先生は、あまり気にしていない風でしたが。

治り方はこれが一番確実らしいけど。

 

 

コンタクトレンズ装着

これは最近出てきた治療法のようで

コンタクトレンズを一時的に潰瘍のある目に入れてレンズで保護する方法

こちらはまだ症例が少ないとのこと。

 

今の所 治りがイマイチ良くないので 次のステップということで提示された治療法。

もし何らかの次の手立てというなら

飼い主的にはコンタクトレンズの方に気持ちが傾いています。

 

さて どうしたものか・・・・。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ホーム > からだのこと

プロフィール
メタ情報

Return to page top