Home > からだのこと

からだのこと Archive

体重

ウードゥの体重は今9.7kgです。

いつものかかりつけの先生に言わせたら「ちょっと少ない」ということになり

先日 dogドックをお願いした先生は「くびれもちゃんとあって年齢からしたら丁度良い」ということに。

 

 

17.01.29

若い頃は 10kgを目安にしていました。

丁度ころっとしてフレンチの可愛らしさが一番出ているように思えます。

11kgくらい行くとかかりつけの先生からは

「足腰に負担になるのでダイエットを」と言われたこともありましたが

どうやらあまり太る体質ではないみたいで

特に4歳からの手作りにごはんにしてからは 問題ない感じです。

むしろ 油断していると 痩せてくる感じになるのでそちらの方が気をつける感じ。

一時期 馬肉を使っていたことがあったのですが

それだと体重は減り加減になるので結局止めてしまいました。

手作りのごはんなので 普段の体重と体調そしてunchi 年に一度の健康診断で判断しますが

今までにトラブルになったことは無いのですけどね。

 

でも やっぱり気になる9.7kgの体重ってどうなんでしょう。

 

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

dogドックの検査結果

17dogドック結果

 

体調が悪かったので dogドックの検査結果の報告が遅くなりました。

今年は 昨年良性の腫瘍を取って貰った病院での検査をお願いしました。

結果 「全く問題ないです」

全く と言われると

「え? もう9歳なのに どこにも問題が無いの?」って

かえって不安になったり 怪しい って思って見たり(笑)

 

でも数値を見ても おかしな所はありません。

ちょっと元気がない(覇気が無い?)ことを言ってみたのですが

(まあ もともとおっとり君なのでそうなのかもしれないのですけどね。)

念のため 甲状腺も調べてもらったのですが 問題なし。

 

昨年 尿のpHの値が8.5と高かったので 気にしつつ

気休めかもと思いつつサプリメントで対応していたのですが

今年は6.5で 正常の範囲でした。

それと 炭泥も多いって言われたのですが

昨年夏にエコーで見てもらったときも今回も

「ほとんど無い」とのことでした。体外に出ちゃったのかしらん??

 

 

もう一点 軟口蓋の事。

まあ フレンチ特有の「ゼーゼー音」ですね。

昨年の病院では 「早めに手術をした方が良い」と言われました。

今回の病院では 「この程度なら問題ないので手術も必要ないと思いますよ」と

言われました。

そう言えば ブリーダーさんの所でも「問題ないんじゃないかな〜」って。

先生によっても考え方はいろいろだと思うのですが

今 病的に問題があるようなら考えますが

むしろ他のフレンチに比べたら少ない方だと思うし

年齢も9歳になったので このままでいくことにしました。

 

まあ そんなこんなで ビックリするくらい問題が無くて拍子抜け。

従って 手作りのごはんもこの調子で行って良い感じのようです。

 

 

最後に頂いたCDからの写真を記念に・・・・

 

 

 

17レントゲン

 

 

 

 

 

 

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

いまさらですが

その後のウードゥの体調ですが

無事に普通に戻りました。

結局はっきりした原因は分からなかったのですが

私なりに考えると やはり「dogドック」かな。

病院は昨年夏にも良性腫瘍の手術をしてもらったりしているので

全然知らないわけではないのですが

やっぱり彼なりに緊張したり調子を狂わせたのかもしれません。

反省点もありました。

ほぼ一日絶食した後のごはんが多すぎたことも。

でも とにかく普通に戻って食欲もありunchiもちゃんと出来ているので

良かった・・・・ってことで。

 

 

 

 

17wwdoお雑煮

こちらは 今さらという感じですが

今年の元旦のウードゥのお雑煮

さすがにお餅というわけにはいきませんでしたが

いつものごはんと ぶり 人参 牛蒡 水菜 里芋 大根 と

shogame1家のお雑煮の具をほとんど用意しました。

もちろん美味しそうに完食でした!

 

 

やっぱりごはんを美味しく食べてくれるのが一番ですね。

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

回復中

ウードゥの体調ですが 戻ってきています。

昨日は

朝ごはん(と言っても9時頃)にすり下ろしリンゴ

体調が良さそうだったので

お昼ごはんに(と言っても2時頃)にいつものごはんの半量を

バーミックスでどろどろ状態にして。

問題が起きなかったので

ちょっと遅めの夕食に 一食分をどろどろにして。

 

 

その後 一晩も吐くことも無かったので

今朝はどろどろごはんを通常通りの一食分。

さらに夕ご飯もどろどろで一食分。

そんな感じです。

 

日曜日 健康診断があって 朝ごはん抜きで朝10時〜16時まで

お預けだったので その間にちょっとお腹が空きすぎたり

ストレスがあったのかもしれません。

症状は 2度ほど吐き あとはやたらに水を飲みたがることでした。

今は吐くことも 水も飲みたがらないので 正常に戻ったかな?

 

 

17.01.17

ビジュアル的には イマイチの写真ですが

このどろどろにしたごはんを食べました。

(発芽玄米+白米 鹿肉 野菜 カボチャ など)

 

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

体調不良です

 

17.01.16

 

昨日無事にdogドックを終えて帰ってきたのですが

今朝までに2度ほど吐いてしまいました。

 

考えられる原因は・・・・・

・昨日 朝食を抜いたので お腹を空かせていて ちょっと可哀想に思い

夕食をいつもより多めに与えてしまったこと。

 

・先週後半から鹿肉を与えたこと。

鹿肉をあげたことはなかったのですが 馬肉を与えていた時期があったので大丈夫かと・・・。

久しぶりだったので馬肉も少し混ぜて加熱しましたが・・・・。

 

先ほどリンゴのすり下ろしを少々与えて終わりにしました。

今は落ち着いています。

ごはん命の子なので 可哀想でね〜。

早く良くなりますように。

 

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

組織検査結果

 

 

IMG_9999

 

腫瘍切除の際に ついでに詳細な組織検査を PATHO LABOに依頼、

その結果も先日の抜糸の時に伺いました。

 

で その結果ですが「線腫腫症」という診断名。

内容は難しく書いてありましたが、要は【良性腫瘍】という嬉しい結果でした。

ただ 年のせいか あちらこちらにこの手の腫瘍が出来てきていて

今のところはみんな良性なのですが、大きくなってきたり変形してきたりしたら要注意なので

今後も「要経過観察」というところです。

 

ウードゥも年と共に本当に色々と心配事が出てくるなぁ、

 

 

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

抜糸

16.08.21

2週間前 良性の腫瘍を取り 今日はその抜糸の日でした。

手術の後は 大きな絆創膏を付けていたので

今日初めてその術後を見ました。

 

正直「えっ? これが?」ってくらい小さくて綺麗な傷でした。

虫に噛まれたくらいの感じというか・・・。

これなら 傷跡も全然気にせずいられそうです。

丁寧にしていただいた先生にも感謝。

 

まずは 良かった良かった。

 

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

お散歩再開

16.08.09

 

病院の先生は翌日から普通にお散歩して大丈夫と言っていたけど

やっぱりちょっと心配で 手術の日も含めて3日ほどお散歩中止していました。

 

 

 

先生からは 傷口が気になって 舐めることが一番心配なので

その時は「エリザベス」をするように言われていたのですが、

何だか全然気にならない風で 絆創膏もついたままです。

このままなら 次回の病院まで放っておいて良いのかな〜?

って ちょっと気になりますが・・・・。

 

まあ お散歩するには この方が安心ですね。

 

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

手術 無事終了

16.08.07-2

何だか 「あれ?これ?」って感じでした。

思っていたよりもずっと小さな傷だし 局部麻酔だったので本人もいたって元気で

「お父さんとお母さんたら いったいボクを置いて何処にいっていたのっ!」っていう感じ。

お昼ちょっと前にお預けして 午後4時にお引き取りでした。

 

手術は おとなしく良い子で押さえられていたようです。

今日取ったところは 病理検査に出して詳しく調べてもらいます。

抜糸は2週間後、その時に検査結果も判ります。

 

 

 

16.08.07-1

chichiもhahaもいなくて 緊張やら麻酔とか痛い思いもしたんでしょうね。

かなりお疲れの様子、でも 朝ごはん抜きだったので

そちらの方はしっかりと召し上がりました。

ひとまず お疲れ様 無事に終わって良かったね。

 

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

大失敗で猛省

あれは7月の中旬くらいだったかと・・・

その日の朝の天気予報は一日曇りで最高気温が25度くらい。

私はちょっと都心まで出かける仕事があり

迷ったのですが 大丈夫かと思って窓全開でエアコンは入れずに出かけました。

午前中は 涼しくて事務所もエアコンを入れなくても大丈夫な状態。

ところが お昼近くなってくると薄日が・・・。

そして昼過ぎにはお日様も照ってきて急に気温が上がってきました。

 

これは・・・と思って慌てて帰宅しました。

 

 

 

16.08.05-2

家に近づく頃には かなり気温も上がって 焦って歩く私も汗だくになる状態。

玄関のドアを開けると・・・・

ウードゥがよだれを垂らして肩で息をして立っていました。

部屋の中はウードゥのよだれと吐いた跡が・・・・。

とにかくエアコンを入れて急冷にして、ウードゥは濡れたタオルで冷やし

喉の周りにタオルを巻き付け 氷を割って食べさせました。

でも 本人も慌てて食べたでまたしても吐いてしまい、、、

もう本当に背筋がぞっとしました。

そしてエアコンを入れていかなかったことを本当に後悔。

 

結局普通に呼吸が出来る状態になったのは10分後くらい。

そこまでの長かったこと・・・・。

 

 

16.08.05

 

ウードゥには苦しくて怖い思いをさせてしまい 本当に申し訳なかったと反省しきりでした。

普段から気温には気をつけていて 出かけるときは26度を超えたら絶対にエアコンを入れていたはずなのに

あの日はなぜか 大丈夫なような気がして・・・。

 

飼い主失格だな・・・・・と猛省した日でした。

 

 

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ホーム > からだのこと

プロフィール
メタ情報

Return to page top