Home > アーカイブ > 2008-05-22

2008-05-22

ちょっとした事なんだけど

昨日から、良いお天気に恵まれていますが、フレンチにとってはお散歩もそろそろ気をつけないといけない時期のようです。
うちでもwwdoのお散歩は、5時過ぎに出かけるようになりました。
それでもアスファルトを触るとまだ暖かいので、そこは田舎の強み(笑)
なるべく雑木林の中の道を行くようにしています。



雑木林の中は、ひんやりとして気持ち良いよね。おしり、ぺったりのお座りです。
ちょっとおかまっぽい?



雑木林を抜けたら遠くに鳥の姿が。興味津々です。



カメラを構えて「wwdo」って呼ぶと「shogame ご褒美ですか?」って顔。
お散歩では、よく他の犬にも遭遇するのですが、wwdoはとにかく人間もワンコも大好きなので、
直ぐにぐいぐいリードを引っ張って行きたがります。
後から来るワンコには、礼儀正しく(?)お座り状態で待っています。
そして、接近すると、もう嬉しくて飛びかからんばかりに。

本当は、そこを直して行かなくちゃいけないのですが、なかなか難しい。
ですから 私は、めいっぱいリードを引いたカタチで、相手のワンコと飼い主さんの様子を見ながら、
相手がOKのようなら少しずつ、近寄らせるのです。
昨日も リードはめいっぱい引いたまま。
相手の方は知っている方でしたが、わんちゃんは、一度も見たことがない。

あ っと思った瞬間にはもうwwdoは、相手のワンコに鼻っ柱をガブリっとやられていました。
相手の方は慌てて「大丈夫ですか?」と言ってくださいましたが、
私はwwdoがビックリして飛び退いた他は特に変わった様子もなかったので
「大丈夫ですよ」ってにこやかに挨拶して別れました。

わんちゃんは、数日お預かりの子だったようです。
wwdoは、その後も特に変わった様子も無かったのですが、shogame1が帰ってきて、
その事を話すと 顔を色々と見て「ちょっと傷ついたかも」って言われてビックリ。
大したことではなかったのですが、ちょっと擦り傷のようになっていました。
もしかしたら そのワンコのガブリじゃないかもしれないのですが。
でもその場での対応って難しいです。

wwdoの様子が、尋常で無ければちょっと違っていたかも知れませんが、
鳴くこともなかったし、「ちょっと傷があるか調べますから」なんて言えないですよね。
これが自分の子供だったら、直ぐに様子を見るのでしょうが、
ブリンドルは、傷の様子もよく分かりませんし。
うちは、幸い何ともなかったのですが、
いつだったか、私のブログにいつもコメントを下さるYUKAさんの「ボブくん」は、
状況はちょっと違いますが、やはりガブリとやられて結構ひどい怪我をしました。

お散歩をしていても 必ずしも飼い主さんが自分と同じ考えを持っているわけでは無いので、
放し飼いでお散歩をされている方もいれば、wwdoの様子を見るなり嫌そうに裂ける方もいらっしゃいます。
真っ黒な筋肉質がぐいぐい来たら恐いかも知れないですけど。
難しいな〜、たかがお散歩なのに。

それとも私が気にしすぎなのでしょうか。たかが お散歩ごときに。

Home > アーカイブ > 2008-05-22

プロフィール
メタ情報

Return to page top