Home > アーカイブ > 2008-07

2008-07

ベタな関係


shogame1が言うには、ボクにお似合いの服を買って、自分のTシャツも買おうと思ったらサイズとか色々と問題有りで、結局色が気に入ってこれになったんだって。
何だかな〜〜



二人で<FAMILY>ってのもなんだかかなりベタな感じだけど。



ドッグランにペアルックだけは勘弁してね・・・・・。

勘違いの可能性あり


クッションとクッションの間約15cmのあいだに仰向けに寝る犬。
野生の本能は皆無に見える。っていうか犬って思っていない??
本当は後ろ足のおまたを広げたところが又なんだか妙に人間ぽいんだけど、
その間に難所が有るためカット。
それにしても辛そうな前足。



初公開の飼い主の寝顔。そしてその・・・息子と思っている?思っているのは犬の方だろうか、飼い主の方だろうか・・・・。



アップにすると、ちょっと恐い寝顔。

ぱらぱら写真

今日のおやつは、スイカひとかけ。

次下さい。
いえ もうおしまい。ごちそうさまでした。

検査結果


見て下さい このふてくされ顔。
検査の結果ですが、う〜ん、もう一息。
顕微鏡の中に菌1匹確認。
と 言ってももう動かなくなっていて、たぶん大丈夫だろうとの先生のお見立てでしたが、あと1回分のお薬が有るので、それを飲んで又一週間後に念のため検査しましょう。
と言われました。

生活も普通に、でもお散歩の拾い食いについては、注意されました。
やっぱり何があるか分からないから、拾い食いの癖は直すようにと言われました。
マーキングの時の「クンクン」も危険だそうです。
ドッグランでは、もう沢山の犬が居るので、
どうしようもないと言えばどうしようもないのですが、
やはり菌を持っているワンコが居ると、
そのワンコのウンチをなめたりかいだりで口から入る可能性も。
その後 下痢をしたら とにかく検便だと先生に言われました。

そして、それが人間に移る可能性もあるので、
wwdoのウンチの後始末をした後はしっかりと石鹸で手を洗うように言われました。
(そうしているけど・・・)
今日は病院にフレンチは、1頭しかいませんでした。



1歳6ヶ月のゲンキ君。
顔はwwdoより大きくて、でも身体は良く締まっていました。
特にウエストは。。。。小股が切れ上がった。と言う感じでしょうか。
おめめがぱっちりしていて、本当にカワイイフレンチ!
薄茶色だから、写真もとても撮りやすいんで羨ましいです。

前の病院からこの病院に来た頃は、皮膚病がひどくて、
ステロイド剤を使用していたそうですが、
今は「どこが皮膚病?」っていうくらい綺麗な毛並みです。
完治では無いそうですが、カイカイが良くなってきて性格も変わったそうです。
良かったね〜。

そんな話を 飼い主さんとスタッフの方がして下さって、待合室は和気あいあいの雰囲気。先生もいかにもワンコ好きで、wwdoもここの先生の顔を見るととても喜びます。
私はこの病院の雰囲気が結構好きです。
小さな病院で、先生も一人なのでいつも混んでいて、
普通は予約制ですが、緊急時はちゃんと対応して下さいます。
やっぱり うちは今のところこの病院かな?と思っています。



病院から帰ってきて「カイカイ」ポーズのうちの息子。
結構不思議写真で今日のお気に入り。



もうすっかりゲンキで普通の生活をするわけですけど、又来週病院です。

もうっ!

だらだらの日々


すっかり回復したように見えるwwdo。
でも飼い主としては、まだちょっと心配で、
明日病院での検査でお墨付きを貰うまでは、外出禁止令です。
今日は、とても暑かったので、エアコンをかけて貰いすっかり良い気持ちで
朝からお昼寝のwwdo。
右のクッション、角がぼろぼろなのは見なかったことに・・・。


この鼻の下というか上唇というか、ぼよよ〜んとしたところが大好きです。


アップにしてみると、立派な「ぼよよ〜ん」です。——フレンチブルドッグ顔


飼い主も暇なのでその「ぼよよ〜ん」を口に押し込んでみた。—–猫顔
こんなことしていたら、冷たい視線。


失礼しました。こんな感じで一日だらだらと過ごす飼い主と犬。
ちょっと心配だった事、ウンチが火曜日以来全然出ていなかったのですが
、今日ようやく日の目を見ました。
久しぶりだったので油断していました。
さっそく ご試食。良いんだろうか?

明日は病院です。結局いつもの病院にお薬を持って行き、検査もして貰うことにしました。どうか悪いヤツが死んでいますように・・・・・。

ごはん ください


今朝のwwdo。
昨夜は、いつものようにケージに入れて、私も寝室で寝たのですが、
気になって2時間おきくらいに目が覚めて、そっと様子を見に行って。

wwdoも目が覚めるらしく、こちらを見るので「いかん いかん」と思いつつも
ずっとこんな調子で、私も寝不足気味。
朝ご飯も絶食して、お薬だけを飲ませたのですが、またもや大暴れ。
今まで どんな飲み薬も、フードに混ぜるとかしないでも、まるでおやつのように食べていたのに。
今回のお薬、中でもジアルジアを退治する肝心のお薬だけは、どうしても飲んでくれません。
よほどまずいんでしょうね。
結局、2割くらいは吐いてしまいました。
そして



夕方のwwdo。全然違うからこうして見ると、なんだか笑っちゃいます。
夕方ようやくケージから出して貰ったら、昨日みたいにぐったりと伸びる事もなく



明らかにお腹が空いています。
そりゃあそうですよ。
昨日は、上と下と両方から全部出てしまって、その後はお薬だけで絶食状態。
「ごはん 食べてみる?」って声を掛けたら



すぐに「待ちの体勢」
「はよ ごはん下さい!」
でもまだ油断は禁物。
気をつけながら、フードはいつもの半分くらい。
それをふやかして、こっそりと大嫌いなお薬を混ぜて・・・・・。
ジアルジア退治のお薬だけ上手に出してしまいます。
そこで、細かく砕いて、ふやかしたフードに混ぜたところ、
変な顔をしつつもどうにか食べてくれました。 やれやれ。


………………………………………………………………………………………………………………


皆さんから沢山のお見舞いと励ましを頂いて本当にありがとうございました。
おかげさまで、回復の方向に向かい始めました。
お腹の中の菌はまだ押さえている状態なので、油断は禁物ですが、
なにより元気が出てきて、ごはんも美味しそうに食べる姿は、
飼い主を本当に安心させてくれます。
あとは週末まで、なんとかダマシダマシ、嫌いなお薬を飲ませてジアルジア菌撲滅を目指したいと思います。
本当にありがとうございました。

お腹 イタイです。


兆候は昨日の朝。突然wwdoが吐いたのです。
でもその後はいつものように元気で、ウンチも普通。
他に変わったことは無かったのですが、念のためお散歩中止に。
そして今日。
朝の食欲もいつも通り、ウンチもちょっと柔らかめ程度。
この程度は普通にあることだったので、別に気にも留めていなかったのですが、
お昼前から容態急変。
突然、下痢を始めました。
でも「柔らかいな〜」程度だったのです。が その後徐々に回数が増えて、
午後3時頃には30分おきくらいにトイレに駆け込み、とうとう吐きました。
こうなるとだらしのない飼い主。
すっかり気が動転して、慌てて働いている友人に電話。
夕方帰宅後近くの病院に車を出して貰いました。



原因は、ジアルジア症。
ジアルジアと呼ばれる寄生虫が、何らかの原因でwwdoの体内に入っていて、
それがちょっとしたきっかけで悪さをしたんだそうです。
ジアルジアは、道ばたの水たまりとかしめったところが好きらしく、そういう所に潜んで居るんだそうです。
いつ感染したのかは分からないのですが、とにかくまず5日かけてジアルジアを殺すお薬を飲みます。
それとお腹の調子を整えるお薬とか沢山貰いました、

が、行きつけの病院じゃなかったので、今回は全部錠剤。
タダでさえぐったりしているのに、全然飲んでくれなくて、
最後は潰してお砂糖を入れて例の注射器で無理矢理飲ませました。
5日後、いつもの病院に行って再検査して貰います。


wwdoは、今夜のご飯は絶食。
明日の朝も「食べたいぞ!」って調子ならほんの少しから食べ始めます。
感染の可能性・・・・・。最近は梅雨の時期で雨も多いので、水たまりもあるし、草だって水分を含んでいます。
他の感染しているワンコのウンチがあれば、草や水たまりに溶け出している可能性も。
ドッグランでも草を食べてしまうから、もう可能性はあちらこちらに。

成犬になるとなりにくいんだそうですが、今まで以上にお散歩もドッグランも目を光らせて、
今後は草も食べないように・・・・・、出来るかな〜。
しないといけないですよね。

それにしても 病院って結構色々と違うモノだと思いました。
別に今日初めて行った病院が悪かったと言う訳じゃ無いんですけどね。
そのお話しはいずれまた。

Home > アーカイブ > 2008-07

プロフィール
メタ情報

Return to page top